ホーム >ユースプラザとは?

ユースプラザとは?

よこはま西部ユースプラザとは?

よこはま西部ユースプラザは「横浜市青少年相談センター」及び「若者サポートステーション」の支所的機能を有し、ひきこもり、不登校などの思春期・青年期問題の第一次的な総合相談や自立に向けた青少年の居場所の運営をするほか、地域で青少年の支援活動を行っているNPO法人等の団体や区との連携を図り、地域に密着した活動を行うことを目的として設置する施設です。

横浜市若者支援三期関連携図

よこはま西部ユースプラザは、保土ヶ谷区、旭区、泉区、瀬谷区の西部エリアを中心にサポートします。

主な取組み

  • ・地域の若者総合相談窓口
  • ・若者の居場所
  • ・社会体験と就労体験の場

若者支援を通じた地域づくりの場をとおして、若者とそのご家族を地域でサポートしていきます。

→ 「事業内容」のページへ

対象

 横浜市内にお住いのおおむね15~40歳未満の若者及びその家族

【ご本人】

  • ・だれに(どこに)相談してよいかわからない。
  • ・外にでるきっかけがほしいが、一歩を踏み出せない。
  • ・人と関わりたいが、コミュニケーションが苦手。

【ご家族】

  • ・誰に相談してよいのかわからない。
  • ・子どもの将来が不安。
  • ・家族としてどう接していったらよいかわからない。

“1人で悩まずに、まずはご相談ください。”



西部ユースプラザ利用の流れ

利用の流れ

Step1 お問い合わせ

見学・相談をご希望の際は、お電話で予約の上、ご来所ください。

ご家族からの相談もお受けしています。

お問い合わせ電話番号:045-334-3041

問い合わせ

Step2 初回相談

お話をうかがい、よこはま西部ユースプラザより適切と考えられる施設や窓口をご案内させていただく場合もあります。

初回相談

Step3 利用登録~ユースプラザの利用

初回相談終了後、利用される場合は登録が必要となります。

ユースプラザ利用

ページの先頭へ戻る